2010年05月19日

<放鳥トキ>ひな誕生した可能性 餌を与える仕草(毎日新聞)

 新潟県佐渡市で放鳥されたトキのペアの雄が、ひなに餌を与えるような仕草をしているのを新潟大の永田尚志准教授(鳥類生態学)が観察した。ひなの姿は確認できないものの、ふ化した可能性もあるとして、環境省は観察を続けている。

 環境省によると、このペアはともに4歳で08年放鳥の雄と09年放鳥の雌。永田准教授によると、17日午前6時前、巣に戻った雄が首を膨らませてくちばしを下に向け、ひなに餌を与えるような仕草を2回ほど繰り返した。ひなに親鳥がいったん消化したものを食べさせる「吐き戻し」と呼ばれる行動とみられるという。

 このペアは4月18日から雄と雌が交代で巣に座り込む「抱卵」が観察され、産卵した可能性が高いとみられていた。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
放鳥トキ:秋田に雌1羽飛来…これまでの飛来地で最北
雑記帳:テン、富山の動物園へ トキ保護センターで捕獲
トキ:卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か
放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく
トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡

第一三共、中山副社長が社長に昇格へ(医療介護CBニュース)
<中国毒ギョーザ>袋の穴を発見できず残念 中井公安委員長(毎日新聞)
起訴内容に「間違いない」=民主・小林氏陣営の会計担当者―北教組献金事件で初公判(時事通信)
失業者への個別支援検討=NPO活用−政府(時事通信)
「いい経験」意識変わった 法律考える機会に 審理尽くせたか…不安も(産経新聞)
posted by マルモ ツネオ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。